ネットワークとは?①【LAN・WAN・インターネットの違いとは?】

インフラエンジニア

こんにちはマサです。
今回はネットワークの基礎についてご紹介します。
ネットワークは奥が深いです。

正直、インフラエンジニアをやっている私もマスターしているとは思えませんが、基礎の部分はお伝えできると思うので、ネットワークはとは何か?についてをご紹介します。

ネットワークとは?

ネットワークとは「複数のコンピュータ同士で、相互に通信できる状態」を指します。
具体的には、コンピュータ同士で、情報の共有やメッセージのやり取りが可能な状態です。

ネットワークの構成

ネットワークは3つの要素で構成されています。
コンピュータ」「ネットワーク機器」「伝送装置」の3つです。

コンピュータ・・・PCやサーバなどからアプリケーションを提供・利用する
ネットワーク機器・・・スイッチやルーターなどデータを転送するための機器
伝送装置・・・ケーブルや無線LANのようなコンピュータとネットワーク機器を接続させる装置

LAN・WAN・インターネットの違い

LAN(Local Area Network)

LANとはその建物内やその施設などの一部の狭い範囲で使用されている閉じたネットワークです。

狭い範囲と言われてもイメージできないと思うので、社内やビル内、家庭内など比較的狭い範囲のことをさします。

LANを構築してもインターネットにはつながりません。
インターネットをつなげるために、ISP(インターネットサービスプロバイダ)と契約してインターネットに接続することができます。

※ISP(インターネットサービスプロバイダ)・・・ISPはインターネット接続サービスを提供する会社です。「プロバイダ」と呼ばれることが多いです。主にNTT系OCN・plala、KDDI系auひかり、ソフトバンク系Yahoo!BBなどです。

WAN(Wide Area Network)

WANとは離れたLAN同士を広い範囲で接続させるためのネットワークです。

回線事業者が提供している回線を利用して、物理離れたLAN同士を接続する時に利用されます。

※回線事業者・・・物理的な通信回線や設備を管理をする事業者です。主にNTT東・西日本、KDDIなどです。

インターネット

インターネットとは、世界中のネットワークをつなげるためのネットワークです。
インターネットを利用するためには回線契約とISP(プロバイダ)との契約が必要です。

イメージとしては世界中のLANとWAN同士を接続させているというイメージです。

・LANは狭い範囲で使用する小さなネットワークだよ
・WANはLANとLANをつなぐ大きなネットワークだよ
・インターネットは誰でもアクセスできる開かれたネットワークだよ

ネットワークは奥が深いです。
私がネットワークを勉強した時に読んだ本とサイトを紹介します。

内容は博士とネット君が会話形式で勉強していくようになっています。
すごくわかりやすい本とサイトなので、詳しく勉強したい方におすすめです。

サイト:3分間 NetWorking

今回のまとめ

・ネットワークとは複数のコンピュータ同士で、相互に通信できる状態
・LAN、WAN、インターネットの違いの違いを知る

今回は「ネットワーク」について「LAN」「WAN」「インターネット」の違いについて理解していただけたと思います。

次回、もう少し深掘りして、ネットワークで重要な「プロトコル」と「OSI参照モデル」について、ご紹介いたします。

ネットワークは本当に奥が深いです。
しかっり勉強をしたい方やエンジニアの方は本などで勉強することを強くオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました