【IPアドレスとは?】パブリックIP(グローバルIP)とプライベートIPの違いを解説

インフラエンジニア

こんにちは、マサです。
今回はIPアドレスについて、パプリックIPとプライベートIPの違いというテーマで進めます。

IPアドレスは、自宅の住所のように番号が割り振られているというのは聞いたことがあると思います。エンジニアにとっては、必須知識であるIPアドレスについて解説していきます。

IPアドレスとは

IPアドレスとは、インターネット上の住所のことを指します。
例えば、スマホやPC、ルーターなどにはIPアドレスが振られていて通信をしています。

それを言われてもあまりしっくりこないと思うので、もう少し深ぼっていきます。

IPアドレスは大きくわけて、パブリックIPプライベートIPがあります。
パブリックIPはグローバルIPとも呼ばれたり、プライベートIPはローカルIPと呼ばれることもあります。

パブリックIPとプライベートIPを知る上でWANとLANについても、ざっくりしたイメージを紹介します。

■WAN・・・グローバルなネットワーク
■LAN・・・ローカルなネットワーク

パブリックIP(グローバルIP)

上記、画像の赤枠の部分がパブリックIPアドレスです。
パブリックIPは、WANで使用するIPアドレスでユニークな番号が割り振られています。

自宅や会社のパブリックIPアドレスは、主にルーターで管理されていて、ルーター経由でLANからの通信をWANにつなげるというイメージです。

パブリックIPアドレスは、ICANNやJPNICなどが厳しく管理しています。

プライベートIP(ローカルIP)

上記、画像の赤枠の部分がプライベートIPアドレスです。
プライベートIPアドレスは、LAN内で使用する番号でLAN内ではユニークな番号の必要があります。

基本的には、インターネットと通信する時にDHCPというプロトコルによって自動的にLAN内のユニークの番号を振り分けられるようになっています。

プライベートIPは手動でも変更できるため、同じ番号をPCなどに振ってしまった場合は、ネット通信が不安定になったりすることがあります。

■プライベートIPアドレスは、下記の番号の範囲で使用することが決まっている

・10.0.0.0~10.255.255.255
・172.16.0.0~172.32.255.255
・192.168.0.0~192.168.255.255

10.は大規模ネットワーク向け、172.は中規模ネットワーク向け、192.168.は小規模ネットワーク向けとなっています。

固定IPアドレスと動的IPアドレスの違いについて

パブリックIPアドレスの中にも、固定IPアドレスと動的IPアドレスで違いがあるので紹介します。
固定IPは静的IPとも呼ばれることがあります。

固定IPアドレスとは?

固定IPアドレスはその名の通り、固定されているパブリックIPアドレスのことです。
例えば、50.0.xxx.xxxで設定すると、この番号は管理者が変更などしない限り変わることはありません。

例としては、このmasalogはレンタルサーバーを借りているのですが、パブリックIPアドレスは”183.181.85.149″で設定されています。

もし、この”183.181.85.149″のパブリックIPアドレスが変わってしまうと、このWebサイトへアクセスできなくなります。
そのようなことを防ぐために、固定IPアドレスが必要とされています。

動的IPアドレスとは?

動的IPアドレスとは、パブリックIPアドレスが自動で変更されるパブリックIPアドレスのことです。

通常の家庭などでは、プロバイダと契約する際に動的IPアドレスになっていると思います。
確認方法はとても簡単で、ルーターを再起動すると自動でパブリックIPアドレスが変更されます。

それは、ルーターを再起動したと同時にプロバイダによってパブリックIPアドレスが再設定されているのです。

また、LAN内にあるスマホやPCなど機器については、ルーターのDHCPという機能によって、自動でプライベートIPアドレスが割り当てられます。

今回のまとめ

■パブリックIPアドレス・・・WANで使用するIPアドレスでユニークな番号が割り当てられる
■プライベートIPアドレス・・・LAN内で使用する番号でLAN内ではユニークな番号の必要がある
■固定IPアドレス・・・固定されているパブリックIPアドレスで主にWebサーバーなどで使用される
■動的IPアドレス・・・ルーター再起動などでパブリックIPアドレスが変わるIPアドレス

いかがだったでしょうか?

パブリックIPやプライベートIPなどについて理解できたと思います。
今後は、パブリックIPやプライベートIPアドレスを調べる方法などの解説記事も書こうと思っています。

IPアドレスはエンジニアをしているとセキュリティー面を考慮したり、急にインターネットに接続できなくなった時に原因究明するには不可欠な知識です。

これからも楽しく学んでいきましょう!!!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました