【Audibleおすすめ理由】実際に使った感想をレビュー | メリット・デメリットを解説!

Amazon

こんにちはマサです。

音声コンテンツがじわじわと流行り出して来ていますが、それを牽引しているのがAmazonが出している音声コンテンツ「Audible(オーディブル)」だと思います。

今回、私がAudibleを使用しての感想とAudibleのメリット・デメリットについてレビューします。

Audible(オーディブル)とは?

Amazonがサービスを提供するAudibleの概要を表にしました。

料金月額: 1,500円
お試し期間30日間の無料お試し期間あり
>> 無料体験(30日間)はこちらから – Audible(オーディブル)
提供するコンテンツ数40万冊以上
サービス内容・毎月1冊購入可能
・無料のコンテンツもあり
・単品での購入も可能
・単品は30%OFF
・音声の速度も調整可能(1.5倍や2倍など)

Audibleの料金と「コイン」について解説

Audibleは月額1,500円の有料サービスです。
月額の会員料1,500円を支払うことで、1コインをもらって1冊本を購入します。

Audibleには3,000〜5,000円以上の本も結構あるので、それらの本も毎月1冊1,500円で購入できると考えるとお得ですね。

このような本を「コイン」で購入するとお得になりますね。

また、「コイン」は月に1度発行されて未使用の場合は翌月に繰り越されて、「コイン」が発行されて6ヶ月が有効期限となります。

万が一、聴いてみて気に入らない本があった場合に他の本と交換できるというサービスもついています。

Audible会員は単品でも30%OFF

Audible会員は単品で本を購入したい場合は30%OFFになります。

例えば、1コインを使ってしまったが他の本も聴きたいという場合でも単品で購入可能です。
その場合、会員は30%OFFの価格で購入できます。

「Audible Station」という無料コンテンツもある

会員は月額1,500円で1つしか聞けないと思う方も多いと思いますが、会員特典で追加料金なしで「Audible Station」も利用できます。

下記は「Audible Station」の一部のコンテンツですが紹介します

・「NewsPicks」の経済に特化したチャンネル
・20分で聴けるビジネス書チャンネル
・HORIE ONE
・Newsチャンネル

もし退会したら購入した本はどうなる?

もしAudibleから退会しても、購入した本は聴くことができます。

また、いつからでも会員に再入会することも可能なので退会後もアカウントを残しておくことをお勧めします。

【Audibleまとめ】
・会員の月額は1,500円
・毎月付与される「コイン」で好きな本と交換
・30%OFFで本の追加購入も可能
・無料のコンテンツもある
・退会後も購入した本は聴くことが可能

Audible入会方法

Audibleは1ヶ月無料体験を行っていますので、このお試し期間に登録してみてください。

登録方法は、まずAmazonアカウントにログインした状態で無料体験に申し込みをします。
申し込み後は、無料体験手続きが完了した時点で1コイン付与されます。

>> 無料体験(30日間)はこちらから – Audible(オーディブル)

※30日以内に解約すれば課金されることはありません。

Audible(オーディブル)のメリットとデメリット

メリット

メリットを下記にまとめました。

・場所にとらわれず本を楽しめる(通勤・通学、車の中など)
・何度も読み返しができる
・対応端末が豊富
・英語のリスニング学習にもなる

場所にとらわれず本を楽しめる(通勤・通学、車の中など)

音楽を聴くような感覚で、本を楽しめるので通勤やお昼休憩などでAudibleを聴くことが増えました。
また、ウォーキングをしながら読書をするのはとても楽しいです。

何度も読み返しができる

これは私だけかもしれませんが、1回本を読んでも理解できないことが結構あります。
実際の本を読むときも同じなのですが、2-3回読んでみて理解できることは結構多いと思っています。

Audibleも同じで私の場合、2-3回同じ本を聴くことはざらにあります。
2-3回聴くことで理解できるのと、作者がどのようなことを伝えたいのか?考えたり自分がどのようにその本を解釈するのか?考える時間を作るためには、2-3回聴く時間は大切だと思っています。

また、音声速度の調整もできて1.5倍や2倍など自分の心地よい速度で聴くことができます。

対応端末が豊富

Audibleはさまざまな端末に対応しており、対応端末はこのような感じです。

・iPhone
・iPad
・iPod
・Apple Watch
・Androidスマホ
・Androidタブレット
・パソコン(Mac・Windows)
など

大抵の方は、上記のモバイル端末1台は使用していると思っているので、ほとんどの方が利用可能です。

英語のリスニング学習にもなる

Audibleでは英語のリスニング教材や小説、ビジネス書などさまざまなコンテンツがありますので、いくつか紹介します。

【英語のリスニング教材】

【小説】

【ビジネス書】

デメリット

デメリットを下記にまとめました。

・Audible月額会員料も高め
・本に集中できない時がある
・読み終えるのに時間がかかる

Audible月額会員料も高め

Audibleの月額料金は1,500円となっています。

料金は高い安いの感じ方は人によって違うと思いますが、月1で本を1冊聴く方にはちょうど良い価格だと思います。

また、Audibleでは有名な俳優や声優がナレーターを担当している本もあるので、値段については仕方ない部分があると思います。

本に集中できない時がある

私の経験上ですが、Audibleを聴く時は常に手が空いた状態なので、つい他の作業をしてしまいます。

その場合、本にまったく集中せずに巻き戻したりすることが多々あります。
そのようなこともあるので、個人的には2-3回聴いて1冊の本を理解できると思っています。

読み終えるのに時間がかかる

Audibleは本とは違って速読や飛ばし読みがしずらいです。

もちろん、Audibleには0.25倍速〜3.5倍速まで速さを調節できます。
私の場合、2倍速ぐらいであれば内容を理解することができますが、それ以上になると結構聞き取るのが大変だなと感じました。

Maxの3.5倍速は慣れないと何を言っているのかわからないレベルで早いです。

重要な情報だけをピックアップして情報を得たいという方は本やKindleの方が良いかと思います。

おすすめの本3選

【第1位】ファクトフルネス(FACTFULNESS)

ファクトフルネスについては、別の記事でも
【書評】ファクトフルネス(FACTFULNESS)を読んでの要約と感想」というテーマで記事を書きましたので読んでみてください。

【第2位】嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気についても、別の記事で
【書評】 “嫌われる勇気”–自己啓発の源流「アドラー」の教えを読んでの要約と感想」というテーマで記事を書きましたので読んでみてください。

【第3位】ビジネスエリートになるための 教養としての投資

奥野一成さんが著者の「ビジネスエリートになるための教養としての投資」は、投資の基礎知識がつまっている一冊です。

著者の奥野さんは、農林中金バリューインベストメンツでファンドマネージャーをしていて、長期投資をする上での企業選定の戦略など、奥野さんの投資哲学がつまった本になっており、とても勉強になる本でした。

上記3冊の本はAudibleで聴くことができるので、無料体験(30日間)を試してみてはいかがでしょうか?

>> 無料体験(30日間)はこちらから – Audible(オーディブル)

今回のまとめ

今回、「【Audibleおすすめ理由】実際に使った感想をレビュー | メリット・デメリットを解説!」というテーマで書いてみました。

個人的にはとても良いサービスだと思っていますし、毎日散歩や休憩中など利用しています。
この記事を読んでAudibleを使ってみたいと思った方はぜひ試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>> 無料体験(30日間)はこちらから – Audible(オーディブル)

コメント

タイトルとURLをコピーしました