Unityテトリスの作り方-2

テトリス作成

今回は”Unityテトリスの作り方-2″ということで、前回の続きから行います。
前回はテトリスの7種類のミノを作成してPrefab化するところまでを行いました。

今回はステージのBackgroundを作ります。

ステージ作成

まずは、ステージを作成します。
縦20と横10のマスを作る感じで下の画像1のようなステージを作るイメージです。

画像1

下の画像2の手順でステージを作成します。

画像2

①Squareをシーンに移動させます。
そうすると小さい四角のSquareがシーンに表示されるので②に進みます。

②SquareのPositionとScaleを変更します。
PositionはSquareの位置を指していて、ScaleはSquareの大きさを指しています。
Position: x=4.5, y=9.5, z=0
Scale: x=10, y=20, z=1
を記入してください。

③白色になっているSquareの色を変更させてください。
色は黒に近い色がおすすめです。

④SquareのOrder in Layer = -1 に変更します。
Order in Layerを簡単に説明するとLayerの描画の優先度を決めることができます。

カメラの位置を変更

そのままのカメラの位置だとゲームが開始されても位置がずれているため、ステージ全てを見ることができません。

なので、カメラの位置を画像3のようにカメラの位置を変更させます。

画像3

①先ほど変更したSquareという名前をBackgroundに変更させてください。

②Main CameraをクリックするとInspectorにCameraの位置などが表示されます。

③Main CameraのPositionを画像のように変更させてください。
Position: x=4.5, y=10, z=-10

④Sizeを13に変更してください。
※Backgroundが全て見えるので、あれば13以外でも大丈夫です

Unityを学習する

Udemy動画で勉強する

個人的に、最初のUnityでの開発は動画を見ながら行うことをオススメします。

Udemyには初心者向けから中級者向けなどUnityを教えてくれる教材が揃っていて、割引期間だと数千円で講座を受講できます。
スペシャリストの方の講義が数千円で学べると思うと本当に安いと感心します。

実際に私もいくつかUdemyで課金をして色々学んでいます。

また、Udemyを使ったことがない方も30日返金保証もついているので安心して始めることができます。
まずはお試しで講座を受講してみましょう。

本で勉強する

この本はUnity学習者におすすめです。
内容がとても良くてイラストで重要なポイントは解説されているので、理解しやすいです。

操作する内容は画像付きなので、同じ操作しても同じ動作にならないというようなことはないように工夫されています。

一冊勉強するだけで、大量の知識をインプットできるので、テトリス作成と同時進行で試してみてください。

Unityの教科書 Unity 2020完全対応版 (2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座)

今回のまとめ

今回はテトリスのステージの作成をしました。
これで、ステージなどの環境設定は完了です。

次回からScriptを書いてminoを実際に動かします。
下に次回のリンクを貼っているので、ご確認ください。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

⭐️あわせて読もう!
Unityテトリスの作り方-3

コメント

タイトルとURLをコピーしました