つみたてNISAの運用実績を公開【2021年12月時点・運用期間24ヶ月】

つみたてNISA

こんにちはマサです。
今回は2021年12月時点での運用結果を公開します。

毎月つみたてnisaの運用実績を公開しているのですが、運用期間が24ヶ月になり約2年間つみたてnisaへの投資を続けています。
現在は月々3万3000円をつみたてnisaで投資をしていて、特定口座でもETFや個別株に投資をしています。

現時点での「つみたてnisa」の投資銘柄や運用益を公開しているので、
「つみたてnisaをやりたいという方」や「つみたてnisaに興味がある」におすすめですので、ぜひ読んでみてください。

つみたてnisaの仕組みを知りたいという方は、まずは以下のリンクを読んで仕組みについて理解することおすすめします。
(金融庁のサイト)
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html

スポンサーリンク

つみたてnisa投資銘柄

2021年12月現在点で、月々に投資している銘柄は以下のようになっています。

投資銘柄月々の投資金額
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)15,000円
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス5,000円
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス8,000円
eMAXIS Slim 全世界株式5,000円
楽天・全米株式インデックス・ファンド300円
月々の合計金額33,000円

つみたてnisaでは「月々33,000円」を投資していて、「特定口座」で17,000円分の投資信託に投資をしています。

「つみたてnisa口座」+「特定口座」で毎月5万円を投資信託に投資しています。

理由は楽天証券だと楽天カード決済をすると月々5万円までは1%のポイント還元があるので、上限額である5万円に設定すると500ポイントが楽天ポイントとして付与されます。

投資をした時点で1%の利回りが確定されるのはとても魅力的です。

また、基本的には投資をして放置というスタイルで投資を実行しているので、複利の効果を生かしつつ毎年4-5%ぐらいで運用したいと思っています。

2021年12月時点の結果・運用24ヶ月

2021年12月時点・運用24ヶ月での結果発表です。

先月の評価損益は+191,303円でしたので、約20,000円ほど下がっていました。

【2021年12月時点・運用24ヶ月】
元本: 673,700円
評価額: 865,003円
評価損益: +191,303円(+28.39%)

2021年11月時点では上記の結果になりました。

最近は、アメリカのFOMCがテーパリングを発表して、金利を上げてるという発表がきっかけで株価は下がっています。

今回、先月と比べて評価損益額が少し下がってしまいましたが、あまり気にすることなく淡々とつみたてを続けようと思います。

下記の画像がつみたてnisaの2021年11月22日時点での投資信託の運用結果です。

※先月更新した記事はこちらです※
”つみたてNISAの運用実績を公開【2021年11月時点・運用期間23ヶ月】”

楽天証券には資産推移のグラフもあるので、そちらも公開します。

証券口座は「楽天証券」か「SBI証券」がおすすめ

証券口座は私も使用している「楽天証券」と「SBI証券」をおすすめしています。
投資をはじめる前は、どの口座がいいか?を色々調べて最終的には楽天証券を選びました。

その後、米国株に投資をすることになり「SBI証券」の口座も開設しました。

現在、投資信託は「楽天証券」、ETFと個別株は「SBI証券」を利用しています。

私が「楽天証券」をおすすめする理由は下記のような感じになります。

①投資信託の種類が多い
②楽天カード決済の場合、決済するだけで1%の楽天ポイントがついてくる
③貯めた楽天ポイントで投資ができる
④最低100円からでも投資できる
⑤マネーブリッジで金利が0.1%

楽天銀行+楽天証券+楽天カードで小額から投資信託に投資ができるのでとてもおすすめです。

詳しくは”つみたてNISA、楽天証券をおすすめする理由”というテーマでブログを書きましたので、どの証券口座を作るか?迷っている方は参考にしてください。

投資をする上でおすすめの本

奥野一成さんが著者の「ビジネスエリートになるための教養としての投資」は、投資の基礎知識がつまっている一冊です。

著者の奥野さんは、農林中金バリューインベストメンツでファンドマネージャーをしていて、長期投資をする上での企業選定の戦略など、奥野さんの投資哲学がつまった本になっており、とても勉強になる本です。

もしよかったらAmazonなどで販売されているので、購入してみてはいかかでしょうか?

また、この本は音声朗読サービスのAudibleでも聴くことができます。
Audibleでは30日間の無料体験も行っていますので活用してみてください。

今回のまとめ

今回、「つみたてNISAの運用実績を公開【2021年12月時点・運用期間24ヶ月】」というテーマで進めました。

私は「コア・サテライト戦略」を行っています。
具体的には「つみたて投資」のようなコア部分と「個別株投資」のようなサテライト部分があります。

コア部分は、一時的な暴騰や暴落で一喜一憂せず、長期的に株式市場は成長し続けるという心持ちでこつこつ続けることが大切だと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました