【レビュー】ThinkBook 13s Gen 4(AMD) コスパの良い高性能ビジネス向けノートPC

ガジェット

こんにちはマサです。

今回はレノボ・ThinkBook 13s Gen 4(AMD) のレビューをしていきます。

結論からお伝えすると、

コスパの良い高性能ビジネス向けノートPCです。

ノートPC本体が約1.23kgと軽く、持ち運びもしやすいノートPCとなっています。

ノートPCの持ち運びが多いビジネスマンや大学生に特におすすめです。

スポンサーリンク

ThinkBook 13s Gen 4(AMD) の評価

総合点・・・・4.0
スペック・・・3.8
価格・・・・・4.0
外観・・・・・4.5
重さ・・・・・5.0
出入力端子・・3.7

※評価はmasalog運営者の主観です

ThinkBook 13s Gen 4(AMD) のスペック

CPUAMD Ryzen™ 5 6600U(6コア12スレッド)
AMD Ryzen™ 7 6800U(8コア16スレッド)
OSWindows 11 Home
Windows 11 Pro
メモリー8GB / 16GB
ストレージSSD:256GB / 512GB
グラフィックスAMD Radeon™ グラフィックス
(内蔵GPU)
ディスプレイLEDバックライト付 13.3型 WUXGA
IPS液晶 (1920×1200ドット、約1,677万色、16:10)
タッチパネル:非搭載
光沢なし
内蔵カメラ1080p FHDカメラ (マイクロホン付) ThinkShutter
1080p FHDカメラ (デュアルマイクロホン付)
重量約1.23kg
本体サイズ約 297 x 211 x 14.9mm
 (W×D×H)mm
画面サイズ13.3インチ
バッテリー約14.1時間
保証1年間

今回はThinkBook 13s Gen 4(AMD) について紹介しました。

ThinkBook 13s Gen 4(AMD) の特徴は3つです。

  • CPUやメモリが高スペック
  • バッテリー使用時間が約14.1時間と非常に長い
  • ノートPCの重量が約1.23kgと軽くて持ち運びに便利
  • 価格がリーズナブル

このノートPCは高性能で軽くて持ち運びがしやすいノートPCです。

価格もリーズナブルでビジネスマンや大学生に特におすすめできるノートPCです。

個人的には、以下のスペックが搭載されていればさらに良いと思うポイントです。

  • CPU:AMD Ryzen™ 7 6800U(8コア16スレッド)
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB

このスペックがあれば、クリエイター向けのツールやアクションゲームをしない限りはスペックが原因で作業効率が下がることはないでしょう。

入出力端子も充実しています。

  1. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  2. USB 3.2 Gen1
  3. セキュリティ キーホール
  4. USB 4 (Video-out 対応) Type-C
  5. HDMI
  6. USB 3.2 Gen2 Type-C

キーボードはこのようになっています。

※製品は日本語キーボードとなります。

キーボードにテンキーはありませんが、14インチでコンパクトな仕様ですので許容範囲でしょう。

外観はこのような感じになっています。

外観のシンプルでスリムなノートPCです。

指紋センサーもついており、電源を入れる時のワンタッチですばやく安全にログインすることができます。

可動域も広く180度以上曲げることも可能です。

レビューは以上です。

詳細について気になる方はレノボ公式サイトからご確認お願いします。

今回のまとめ

今回はThinkBook 13s Gen 4(AMD) について紹介しました。

ThinkBook 13s Gen 4(AMD) の特徴は4つです。

  • CPUやメモリが非常に高スペック
  • バッテリー使用時間が約14.1時間と非常に長い
  • ノートPCの重量が約1.23kgと軽くて持ち運びに便利
  • 価格がリーズナブルでコスパが良い

このノートPCは、コスパの良い高性能ビジネス向けノートPCです。

価格もリーズナブルでビジネスマンや大学生に特におすすめできるノートPCです。

今回の記事が少しでもノートPC選びの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました