【レビュー】レノボ・Legion 560 | 性能の良いハイスペック・ゲーミングノートPC

ノートPC

こんにちはマサです。

今回はレノボ・Legion 560ゲーミングノートPCのレビューをしていきます。

結論からお伝えすると、

中級者のクリエイター・ゲーマー向けのコスパの良いゲーミングノートPCです。

動画編集やFPSゲームもサクサクできるスペックは確保されています。

スポンサーリンク

Legion 560ゲーミングノートPCの評価

総合点・・・・4.5
スペック・・・4.3
価格・・・・・4.0
外観・・・・・5.0
重さ・・・・・3.0
出入力端子・・5.0

※評価はmasalog運営者の主観です

Legion 560ゲーミングノートPCのスペック

CPUAMD Ryzen™ 5 5600H(6コア12スレッド)
AMD Ryzen™ 7 5800H(8コア16スレッド)
OSWindows 11 Home
メモリー8GB / 16GB
ストレージSSD 512GB / 1TB
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX 1650 4GB
NVIDIA® GeForce® RTX™ 3060 Laptop GPU 6GB
AMD Radeon™ RX 6600M 8GB
ディスプレイLEDバックライト付 15.6型
FHD IPS液晶 1920×1080
光沢なし
リフレッシュレート 120Hz
タッチパネル:非対応
内蔵カメラ720p HDカメラ
(電子式プライバシーシャッター付)
重量約‎‎2.4 kg
本体サイズ(W×D×H)mm
362.6 x 260.6 x 22.5~25.8mm
画面サイズ15.6インチ
バッテリー約5時間
保証1年間

このゲーミングノートPCの特徴は2点です。

  • CPU・グラフィックス・メモリ・SSDなどが高スペック
  • ゲーマー・クリエイター向けのハイスペック

15.6インチで約2.4kgのノートPCですので、持ち運びする場合は結構思いと思いますが、このスペックを実現するためには仕方ないでしょう。

レノボの公式サイトでスペックは選べるのですが、個人的に以下のスペックは確保したほうが長期的に良いと思います。

  • CPU:AMD Ryzen™ 7 5800H
  • グラフィックス:NVIDIA® GeForce® RTX™ 3060 Laptop GPU 6GB

特にグラフィックスはゲームをする場合に、妥協したグラボを選ぶと理想の処理速度に耐えられないということになる可能性が高いです。(私もお金の問題でグラボのスペックをケチって後悔したことがあります)

もちろん、お金の問題とどのようなゲーム・作業をするかによって必要なスペックは変わりますので、一概には言えませんが、2-3万円ぐらいの差であれば高スペックの方を選ぶと長期的に後悔しないと思います。

入出力端子も充実しています。

  1. 電子式プライバシーシャッター
  2. USB 3.0
  3. イーサネット・コネクター
  4. USB 3.1 Type-c
  5. USB 3.0
  6. HDMI
  7. Powered USB 3.0
  8. 電源ジャック
  9. USB 3.1 Type-C
  10. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック

キーボードはこんな感じです。

ゲーミングノートPCは冷却しないとハイパフォーマンスが出せないことがあります。

このゲーミングノートPCにはスマートな冷却機能が付いており、快適なパフォーマンスを実現します。

重いソフトウェアを起動したりすると、PCの底が熱くなったり、ファンがうるさくなったりすることはあると思いますが、許容範囲に収まると思います。

外観はこのような感じになっています。

可動域も広く180°まで広げられます。

レビューは以上です。

詳細について気になる方はレノボ公式サイトからご確認お願いします。

今回のまとめ

Legion 560ゲーミングノートPCの特徴は大きく分けて3つです。

  • クリエイターやゲーマー向けの高スペックゲーミングノートPC
  • コスパが良い
  • 冷却機能が素晴らしい

このスペックのゲーミングノートPCが10-19万円台で購入できるのはいい時代だなと感じます。

一昔前ならこんなコスパの良いゲーミングノートPCはなかったと思います。

今回の記事が少しでもノートPC選びの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました