おすすめワイヤレス充電器、iPhoneにも対応【置くだけ充電器】

充電器

こんにちは、マサです。

ワイヤレス充電器は置くだけでスマホの充電ができて一度使用するとクセになるアイテムです。

私も最初は通常のケーブルで良いと思っていたのですが、使用してみると置くだけという便利さに気づいて充電はほとんど置くだけ充電を使っています。

ということで、今回は置くだけ充電器についてレビューします。

ワイヤレス充電器の選びのポイント

ワイヤレス充電器には主に2つの種類があり、「スタンド型」「パット型」があります。
パット型の中にモバイルバッテリーが内蔵されている充電器もあります。

また、ワイヤレス充電器の出力は5-10Wのモデルがあり、出力数が大きい方がフル充電までの時間が短くなります。

例えば、5Wの端末よりも10Wの端末のほうが早く充電されるということになります。

多くのワイヤレス充電器はQi規格が導入されていて、iPhone8以上の端末には基本的にワイヤレス充電器に対応しています。

Android端末は種類が多いので、割愛させていただきますが比較的新しいスマートフォンには対応していることが多いです。
購入を検討する際は、ワイヤレス充電に対応しているか?確認してください。

おすすめワイヤレス充電器

スタンド型、パット型、モバイルバッテリー型の充電器から3つ紹介します。

【スタンド型】NANAMI ワイヤレス充電器 Qi認証

スタンド型のメリットは、充電しながらでも動画が見やすかったりサイズも小さいので、置く場所に困るとということはありません。

iPhoneやGalaxy、他のQi対応機種などにも使用できるので、とても汎用性の高い商品といえます。

【パット型】NANAMI ワイヤレス充電器 Qi急速

パット型も同じNANAMIという同じメーカーなので、GalaxyやiPhoneなど対応機種には問題ありません。

1つデメリットがあるとしたら、動画などを見ながら充電をしずらいということです。
しかし、その時はケーブルを使ったりスタンド型を使用することでカバーできます。

私自身このパット型のワイヤレス充電器を購入して約1年ほど使用しています。
iPhone XRとGalaxy S9を持っていますが、どちらとも充電器ますし充電スピードも早いです。

上の画像は周りが青く光っていますが、スマホを上に乗せて充電すると3回点滅し、青い光は消えるようになっているので、寝室などに置いても特に光が気になることはありません。

【モバイルバッテリー型】Lakko ワイヤレス充電 無線と有線両方可能

このタイプのモバイルバッテリーは、旅行やお出かけをする時には必須のアイテムです。
容量も24000mAhでiPhone SE12回分の充電ができるので、とても便利な商品です。

また、有線・無線(ワイヤレス)両方で充電できるので同時に複数のスマホを充電可能となります。

今回のまとめ

今回、「おすすめワイヤレス充電器、iPhoneにも対応【置くだけ充電器】」というテーマで書きました。

家や仕事場でワイヤレス充電器を置くことで、より快適に充電環境を整えることができます。

スタンド型、パット型、モバイルバッテリー型の充電器を併用して、よりよい充電環境を整えていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました