シャワーヘッド・日丸屋製作所がおすすめな理由【メリット・デメリット】

おすすめグッズ

こんにちはマサです。

私も愛用している「日丸屋製作所のシャワーヘッド」を使用しての感想とメリット・デメリットを解説します。

現在の家に引っ越しをしてシャワーヘッドの水圧が弱いのが気になり、日丸屋製作所のシャワーヘッドを購入して水圧も変わりとても満足しております。

約1年間使用していますが、故障することもなく使用できています。

特に、下記の悩みがある方には「日丸屋製作所のシャワーヘッド」がおすすめです。

  • シャワーヘッドの水圧が弱い
  • 節水をしたい

それではよろしくお願いします。

日丸屋製作所・シャワーヘッドの性能

節水の効果

シャワー板が極細穴になっているので、少量の水でも高い水圧を維持できるようになっています。

節水は最大80%も可能とのことです。

極細穴はとても良くて、水圧は以前使用していたシャワーヘッドと比べると体感では2倍ぐらいになった感じがあります。

シャワーヘッドの機能

機能の主に下記3つが挙げあられます。

■ワンタッチ止水・・・ボタン一つで水のオン/オフが可能です

■水流調整・・・3種類の水流を使い分けることができます

■浄水フィルター・・・塩素除去の機能が付いている

ワンタッチ止水

ワンタッチ止水はボタン一つでオン・オフになっていていて切り替えもしやすいです。

水流調整

水流調整は水圧が強くて水の幅が狭いタイプと、水圧は弱くて水の幅が狭いタイプ、その中間のタイプがあります。

自分の好みにあわせて切り替えることができます。
個人的には「中間のタイプ」が好みです。

浄水フィルター

浄水フィルターは国産の亜硫酸カルシウムセラミックボールで塩素除去をしています。

肌荒れ・髪の痛み・子供の心配がある方のために国内で開発した専用セラミックとなっていますので、安心して使用できます。

シャワーヘッド取り付けについて

そのまま使用できる水道メーカー
タカギ、TOTO、INAX、SAN-EI、KAKUDAI

■付属のアダプターで使用できる水道メーカー
MYM → アダプターM KVK → アダプターK 東京ガス → アダプターG

ご使用・お取り付けができない水道タイプ
①バランス釡
②樹脂製のシャワーエルボ
③2ハンドルシャワー混合水栓
※「止」や「STOP」などの記載がある混合水栓なら使用可能です。

メリット・デメリット

メリット

私が思うメリットは以下の3つです。

  • 節水効果
  • 水圧が強い
  • 水流調整のしやすさ
  • 浄水フィルター

節水効果

冒頭でもお伝えした通り、シャワー板が極細穴になっており少量の水で強い水圧を実現しています。

節水は最大80%可能と商品紹介ページで記載があります。

私自身、引っ越しをしてすぐに「日丸屋製作所のシャワーヘッド」に変更してしまったので、どれぐらいの節水になっているのか?は比較できていませんがとても満足しています。

水圧が強い

極細穴になっているので、水流の効率がよくとても水圧が高いです。

水圧が強いシャワーが好きな方にはとてもおすすめです。

水流調整のしやすさ

私自身は水流調整はあまりせずに、「中間のタイプ」の水流を使用しています。

水流調整自体は簡単にできますし、難しい操作はないので自分の好みの水流で試すことをおすすめします。

浄水フィルター

国産の亜硫酸カルシウムセラミックボールで塩素除去の機能がついてフィルターを使用しているので、とても安心して使用しています。

フィルターは定期的に交換が必要ですので、既に使用している方は交換用のフィルターの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

デメリット

私が思うデメリットは下記です。

  • 取り付け不可の水道タイプがある

商品ページにも記載されていますが、下記の水道タイプは取り付けができないと記載があります。

購入する前に自宅の水道タイプが該当していないか?確認して購入検討してください。

ご使用・お取り付けができない水道タイプ
①バランス釡
②樹脂製のシャワーエルボ
③2ハンドルシャワー混合水栓
※「止」や「STOP」などの記載がある混合水栓なら使用可能です。

今回のまとめ

今回、日丸屋製作所のシャワーヘッドについて解説しました。

私自身、約1年間「日丸屋製作所のシャワーヘッド」を使用していてフィルター交換をしただけで、故障もなく、とても満足しています。

現在、「水圧が弱い」や「節水をしたい」という悩みがある方は「日丸屋製作所のシャワーヘッド」を購入検討してみてはいがかでしょうか?

今回の記事が役にたったのであれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました