コロッセオ(Colosseum)【おすすめ観光地ローマ旅行記】

海外旅行

こんにちはマサです。

今回、コロッセオ(Colosseum)についてご紹介いたします。
コロッセオと言えば、古代ローマの建築物として有名で世界遺産にも登録されています。

ローマの観光地の中でも1位、2位を争うぐらい有名な観光地です。場所がこちらです。

コロッセオの印象としては、”約2000年前にこんなすごい建物を作るって昔の人はすごい”という感じです。ROME MUSEUMによると西暦80年に完成とのことでとてもびっくりしました。

引用:ROME MUSEUM ※英語表記です

コロッセオ

コロッセオは、長さ188メートル、幅156メートル、高さ57メートルの広さでとても大きい建物で、5万人以上が収容できる闘技場です。主にローマの市民の娯楽の場として使用されていました。詳しくは”ROME MUSEUM”を確認してください。

今回、朝の10:30ぐらいに行きましたが、多くの観光客が列に並んでいました。オンラインのチケットを買っていなければ2-3時間ぐらいは並んでいたと思いますので、オンラインでチケットを買うことをおすすめします。

コロッセオはオンラインチケットの場合、入場の時間指定をするので集合時間に遅れないように注意が必要です。
入り口はセキュリティゲートがあり、荷物検査をしていました。

中に入るとガイドツアーの案内所があり、ガイドツアーや地下の見学ツアーもあるみたいです。今回は通常の見学のみだったので、地下を見ることは出来ませんでした。

通路がたくさんあり、観客席まで行けるようになっています。

上の観客席から見下ろすとこんな感じです。

正直、行く前はコロッセオがこんなに広いと思っていなかったので、とてもびっくりしました。

コロッセオの中から”コンスタンティヌスの凱旋門”も見えました。

入場料と所要時間の目安

コロッセオ入場料
公式サイト: 18ユーロ
現地購入: 16ユーロ
※1つのチケットでコロッセオ、フォロロマーノ、パラティーノの丘も見学可能です。

所要時間の目安: 60-90分
※地下見学やガイド付きだと滞在時間が変わる可能性があります。
参考元: COLOSSEUM TICKETS OFFICE

コンスタンティヌスの凱旋門

コンスタンティヌスの凱旋門はコロッセオのすぐ側にあります。場所はこちらです。

コンスタンティヌスの凱旋門は、315年コンスタンティヌス1世によって建設されており、とても大きな建物です。コロッセオの横にあるので、大きさが分かりづらいですが、高さ21m、幅25.7m、奥行き約7.4mです。

引用: Wikipedia

今回のまとめ

コロッセオに行きたくなったでしょうか?
何度も言いますが、約2000年前に建築されたってすごいですよね。
現代のように技術も発達してないのに、このような建物を建築した方々は本当にすごいと思いました。

ローマ旅行の際には”コロッセオ”に行って観光することをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

⭐️あわせて読もう!
イタリア・ローマ&バチカン旅行記【おすすめ観光地10選】

コメント

タイトルとURLをコピーしました