メッシュWi-Fiとは?【仕組みをわかりやすく解説】

インターネット回線

こんにちは、マサです。

テレワークが普及して、インターネット回線を光回線にしたという方も多いと思います。
しかし、ルーターから離れると通信が安定しなかったり、ドアや壁を挟むことで通信環境が安定しないということはよくあることです。

そのような時に活躍するメッシュWi-Fiについて紹介します。

メッシュWi-Fiとは?

メッシュWi-Fiとは、家やオフィスの無線LANの通信範囲を拡張したい時に使用する仕組みです。
メッシュWi-Fiは、メインルーター1台とサテライトルーターを複数台設置して通信環境を整えます。

例えば、一軒家の3階建で複数人が一緒に住んでいる場合、1階にメインルーターだけでは、3階に無線LANが届かないということがあります。

そのような場合に、1階にメインルーター、2階と3階にサテライトルーターを設置して無線LANの通信範囲を広げることができます。

Wi-Fi中継機との違い

メッシュWi-Fiとの比較でWi-Fi中継機がありますが、違いがあります。

Wi-Fi中継機も通信範囲を広くするという意味では同じですが、Wi-Fiを最適な接続先に変更する必要があります。

先ほどの例だと1階のメインルーターに接続している時に、2階に移動した時に2階のサテライトルーターにアクセスしなおす必要があります。

メッシュWi-Fiだとそのような設定は、自動で最適なルーターにアクセスするようになっているので1階から2階に移動した際も2階のサテライトルーターに自動で接続先を変更してくれます。

メッシュWi-Fiの選び方

自宅やオフィスの広さで決める

メッシュWi-Fiは、サテライトルーターが多ければ広い範囲で無線LANの通信を可能にします。

例えば、3階建の一軒家の場合は、1階にメインルーターで2階・3階にサテライトルーターを置くと広い範囲をカバーできて快適なネット環境が作れると思います。

ですので、基本的には1人暮らしや家が広くない場合はメインルーターのみで十分なことが多いので、メインルーターから離れた時にネットに繋がりにくいと思う場合は、メッシュWi-Fiの購入を検討しても良いかもしれません。

メッシュWi-Fiは価格が若干高い

メッシュWi-Fiを導入すうる場合は、サテライトルーターだけ別メーカーにすると互換性が合わず設定できないため、メインルーターとサテライトルーターを同じメーカーに合わせなければなりません。

メッシュWi-Fiの価格はサテライトルーターによってさまざまですが、自宅用であれば2-3万円ぐらいで購入できます。

BUFFALO AirStation connect

NETGEAR メッシュwifi

TP-Link メッシュWi-Fi

今回のまとめ

今回、「メッシュWi-Fiとは?【仕組みをわかりやすく解説】」というテーマで書きました。

広い家やマンションの場合、メッシュWi-Fiが必須な場所も多くあるので少しでもメッシュWi-Fiについて理解できたという方がいたら嬉しいです。

インターネット環境が悪いという方はメッシュWi-Fiを検討してみてはいかがでしょうか?

また、ネット回線はメッシュWi-Fi以外でも光回線にすることで改善することもあるので、光回線に乗り換えたいという方は「おすすめ光回線5社を比較【インターネット回線を選ぶポイント】」というテーマで記事を書きましたので、読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました