MacとWindowsの違い【わかりやすく解説】

パソコン

こんちにはマサです。
最初PCを購入する時に、MacとWindowsどちらを購入するか?
めちゃくちゃ悩んで記憶があります。

とは言っても、最初は「MacとWindowsの違い」があまりわかりませんでしたが、どちらも使っているとどちらにもメリット・デメリットがあるので、今回はMacとWindowsの違いを解説します。

MacとWindowsの違い

OSの違い

macOSとは?

MacのOSは”macOS”や”Mac OS X”と表記されており、
スティーブ・ジョブズが創業したApple社で開発されたOSです。

macOSの特徴は、Apple社で製造しているPC以外には搭載できないところです。
Macを使い方は、Apple社で製造しているMac BookやiMacなどを購入する必要があります。

WindowsOSとは?

WindowsのOSは、”Windows ○”と表記されていて、現在はWindwos 10が主流です。
ビル・ゲイツが創業したMicrosoft社で開発されたOSです。

Windows OSの特徴は、PC本体をMicrosoft以外のメーカーでも製造ができるところです。
有名なところだと「Dell(デル)」や「HP(ヒューレット・パッカード)」、「NEC」などがあります。

PCのデザインの違い

OSの違いでも話した通り、MacはApple社のみで製造しており、Windowsは他のメーカーも製造しています。

MacはデザインがとてもシンプルでApple信者という言葉がある通り、デザインに引かれてMacを選ぶ方も多いと思います。

Windowsは複数のメーカーがPCを製造しているので、デザインはそのメーカーによって違います。
MacのようにシンプルなPCもあれば、ゲーミングPCのようにごつい感じのPCもあります。

また、Windows製品はパーツのカスタマイズや修理がしやすいの大きな違いの一つです。
自作PCを作る時は、Windowsのライセンスを購入してOSをインストールすればすぐに動くので、高スペックにカスタマイズしたい方はWindowsをオススメします。

ソフトウェア(アプリケーション)の違い

MacとWindowsではOSが違うため利用できるアプリが異なります。

代表的な例はMicrosoft Office製品の”Word”や”Excel”でWindows OSの場合でPCの購入の際にデフォルトでついている場合もあったりしますが、macOSだとMac用のOffice 365をインストールする必要があります。

macOSには”Office 365″のようなアプリはデフォルトであり、”Pages”や”Numbers”などがあります。

操作性の違い

MacとWindowsではキーボードの配列や種類が違ったりします。

代表的な例だとMacのcommandキーとWindowsのControlキーのように、
command + vでコピーとControl + vでコピーのような違いです。

配列やショートカットキーの違いを話すとキリがないので、違いについてはググってみましょう。

あと個人的に思うのは、❌ボタン、最小化ボタン、最大化ボタンは
Macは左上に表示でWindowsは右上に表示されるので、個人的に統一してほしいという気持ちはあります。

MacとWindowsのシェア率

2020年2月時点でのデスクトップPCとノートPCのOSシェア率です。

Platform Share
Windows88.21%
Mac OS9.42%
Linux1.81%
Chrome OS0.42%
Unknown0.14%
BSD0.00%

参照: Net Marketshare

圧倒的にWindowsが多いですね。
とは言ってもMacはApple信者によって支えられています。

MacとWindows価格の違い

上のOSの違いで話した通り、MacはApple社がPCを製造していて、Windowsは各メーカーがPCを製造しています。

MacはApple社が設定している価格で購入する必要があり、Apple社以外は製造できないので、メーカー間での価格競争が起きないような構造になっています。

Windowsは各メーカーがPCを製造しているので、価格はさまざまです。
例えば、幅広いスペックをそろえている「HP製品」や、高スペックのPCで高価格の「Razer製品」など価格帯はメーカーによってさまざまです。

個人的な意見ではありますが、
Macはメーカー間での価格競争が起きていないので、Windowsと同じスペックでも割高になるケースが多い気がします。

Windowsはメーカー間で価格競争が起きていて、購入する時もメーカー別に選択肢がさまざまです。
また、パーツさえそろえば簡単に自作PCが作れたり、高スペックのゲーミングPCでも安く抑えられたりします。

おすすめMac PC

MacBook Air Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 256GB SSD)

iMac Retina 4K Display Model (21.5″, 8GB RAM, 256GB SSD)

おすすめWindows PC

Lenovo IdeaPad S540 Laptop (14″ FHD Ryzen 5 8GB Memory, 256GB)

OMEN by HP Obelisk Desktop 875 (7KL57AA-AAAD)

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか?
MacとWindowsの違いについて、理解できたと思います。

MacとWindowsはどちらも優越をつけられないので、自分の用途に合わせて選ぶことをオススメします。

シンプルのデザインが好きな方はMacを選んだり、Office製品を使うことが多い方はWindowsを選ぶという感じで良いと思います。

個人的には、ゲーミングPCはWindowsの方が良いと思っていて、パーツのカスタマイズがしやすくスペックを好みに変更しやすかったり、Macに対応していないゲームソフトがあったりします。

ぜひ好みのPCを見つけて購入してみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました